2022年1月22日・1月23日 大立山まつり 奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり

  • Twitter
  • facebook
  • instagram

@chitosehogu

入場無料!奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり2022 大立山まつり 大和黎明<やまとれいめい> 黎明(れいめい)とは、一日のうち、夜が明けて明るくなる時間帯をいい『大和(奈良)のまつりをきっかけに、コロナ禍に見舞われた世の中が明るくなりますように』との願いを込めています。

日時2022年1/22(土)・1/23(日)11:00 > 18:00 場所 奈良県コンベンションセンター・平城京跡歴史公園 リアル・オンライン同時開催予定!日時2022年1/22(土)・1/23(日)11:00 > 18:00 場所 奈良県コンベンションセンター・平城京跡歴史公園 リアル・オンライン同時開催予定!

withコロナ時代の
新しいモデルとなるイベント

奈良の魅力を凝縮!食 バーチャル 歴史 伝統奈良の魅力を凝縮!食 バーチャル 歴史 伝統

スペシャルコンテンツ

2021年12月15日(水)奈良まほろば館にて
大立山まつり2022 奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり開催記念イベントを実施予定!

参加のご応募はこちらから
COMING SOON

出演者

  • 大立山まつり 御斎会・称徳天皇役

    太田 夢莉

    太田 夢莉
    プロフィール
    1999年12月1日生まれ。
    奈良県出身。NMB48の3期生メンバーとして2012年~2019年まで活動。
    卒業後、女優として幅広く活動中。
    出演歴
    【TV】
    ・KTV「ミナミの帝王ZERO」阿久都菜穂子役
    ・ABC「日暮里チャーリーズ」三崎初音役
    ・TBS「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」加賀栞役
    【舞台】
    ・「裏方の女」~ハロー野菜祭り大きなカブ~
    主演
    ・「This is お感情博士!」ケイティ役
    ・「AI懲戒師クシナダ」主演
    【MV】
    ・みるきーうぇい「君をさらって夜を飛ぶ」
    【書籍】
    ・フォトエッセイ「青」
  • 大立山まつり 実行委員会会長

    海龍王寺石川 重元住職

    海龍王寺 石川重元住職
    プロフィール
    1966年、奈良生まれ。1989年、種智院大学を卒業し、1990年まで仁和寺において修行。1991年、真言律宗海龍王寺住職を拝命。
    伝統を重んじつつ、他にはない革新的な取り組みを行うとともに、新しい概念を次々生み出しており住職自身が持つエネルギーと面白さを、みうらじゅん氏(漫画家・イラストレーター)に認められ、イケてる住職こと「イケ住」と称される。
    「祈り」を最も大切にし、人・物・歴史と丁寧に向き合う市井の宗教者として信望をあつめている。

大立山まつり2022奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり大立山まつり2022奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり

古代から令和の時代に至るまで、
長い歳月をかけて
歴史や文化を育んできた“奈良”の地。
豊かな食文化、伝統行催事、
美しい社寺や自然で溢れています。

そんな、奈良に息づく、時代を越えた魅力を
あらゆる場所からみんなで楽しみ、
そして、味わえる
“大立山まつり2022 奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり”

今年はオンライン会場でも同時開催。
実施会場から、おうちから、
奈良の魅力を満喫してください!

画像提供元:「奈良文化財研究所」

「奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり」の由来とは
『万葉集』に、
「あしひきの 山の木末の ほよ取りて かざしつらくは 千年寿くとそ」
(大伴家持(『万葉集』巻十八の四一三六))という
ヤドリギを髪に挿して
千年続く命を祈った歌があります。
長寿を祝う言葉の響きと意味より、
祭りに集まる皆さんにもそうあってもらいたい
というのがこの名前の由来です。

時代・場所・世代を“越えた”
奈良の魅力を満喫しよう!

  • 奈良にうまいものあり!

    • ●あったかもん
    • ●地域の特産品
    • ●ガストロノミーツーリズムを
      テーマにしたシンポジウム

  • バーチャル奈良体験!

    • ●バーチャルぬり絵
    • ●奈良の食べ物おりがみ
    • ●きせかえミラー
    • ●バーチャルせんとくん
    • ●奈良ウォークビジョン

  • 奈良の歴史に触れよう!

    • ●御斎会
    • ●県内の「立山」の展示
    • ●四天王を象った大立山の展示
    • ●伝統行催事披露
    • ●壬申の乱1350年記念展示
    • ●ワークショップ

奈良の 伝統行催事

おまつりで、楽しめる伝統行催事をご紹介!

  • 【奈良市】

    平城山相撲甚句

    大相撲文化のひとつ、力士によって唄い継がれてきた相撲甚句で、古都奈良の名所・旧跡、名物行事を披露します。

  • 【大和高田市】

    静御前ゆかりの
    大和高田・白拍子の舞

    静御前ゆかりの大和高田・白拍子の舞を披露します。雅で清楚でキリリとした白拍子の舞を春日の神様に捧げます。

  • 【葛城市】

    當麻太鼓 白鳳座

    當麻をイメージしたオリジナル曲を中心とした和太鼓演奏を通じ、葛城の郷土芸能の伝承と地域住民のふれあいに貢献します。

  • 【川西町】

    能観世流・連吟

    川西町は観阿弥・世阿弥が活躍した結崎座(能・観世流)の発祥の地です。結崎観世会は地元の愛好家がプロの能楽師から師事を受けて、発祥の地で能の稽古に励んでいます。

  • 【田原本町】

    風流舞「奏楽」

    能楽ゆかりの地が数多く残る田原本町。篠笛や太鼓が奏でるお囃子と、弥生時代をイメージした舞をご覧ください。

  • 【明日香村】

    明日香南無天踊り

    「日本書紀」の皇極天皇紀に、天皇が飛鳥川上流で雨乞いをされた記述があり、それを起源とした農耕の踊りです。

  • 【明日香村】

    萬葉朗唱

    明日香は万葉歌がたくさん詠まれた舞台であり、古代の人々の気持ちを声に出して往時の姿を表現しています。

  • 【広陵町】

    広陵金明太鼓

    かぐや姫伝説が残る広陵町。姫が生まれたと伝わる金明孟宗竹由来の名を持つチームによる迫力の演奏です。

  • 【吉野町】

    鬼火の祭典

    吉野山の金峯山寺の節分行事がやって来ます!鬼を仏道に迎え入れる吉野町の新春の風物詩は迫力満点です。

  • 【天理市】

    紅しで踊り

    大和神社への雨乞い成就の感謝を踊りにし奉納したものです。一時途絶えていましたが復活しました。天理市無形民俗文化財です。

  • 【葛城市】

    かつらぎ太鼓保存会

    昭和63年5月結成。和太鼓を郷土芸能として位置づけ、広く市民の手によって伝承し、郷土愛を育んでいます。

  • 【明日香村】

    八雲琴

    八雲琴は二弦琴とも言い、起源は古事記に記されている「天の沼琴」を発祥としています。口伝の曲を採譜し古代の心を今に伝えています。

  • 【明日香村】

    飛鳥蹴鞠

    中臣鎌足と中大兄皇子の出会いが飛鳥寺で行われた蹴鞠の会であり、大化の改新のきっかけとなった蹴鞠を披露します。

  • 【桜井市】

    大和すくね相撲甚句

    「相撲発祥の地 桜井」の大和すくね相撲甚句会が、ご当地甚句やお笑い甚句を披露します。

  • 【葛城市】

    けはや相撲甚句

    2005年奈良県初の相撲甚句会として設立した「けはや相撲甚句会」が名所甚句、お祝い甚句など個性豊かに披露します。

  • 【御杖村】

    桃俣獅子舞

    伊勢太神楽(いせだいかぐら)の流れをくみ、大和東部地域の山間部から伊賀地方に広がる獅子舞の1つです。

奈良にうまいものあり あったかもんおまつりで、味わえる奈良県内のグルメをご紹介!

\情報の公開をお楽しみに!/

coming soon

交通アクセス