【大立山まつり2021】奈良 ちとせ祝ぐ寿ぐまつり

映像配信プログラムを見る【視聴無料】
  • 今回配信されるプログラムは、没後1400年を迎える「聖徳太子」や奈良の歴史をテーマとするシンポジウムや講演、福本愛菜をゲストに迎えてのトークショー、そして御斎会の再現映像と なっています。ステイホームをしながら、奈良の歴史や魅力をたっぷりお楽しみください。

    今回の配信映像や、ライブ配信は全て大立山まつり公式youtubeチャンネル「奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり大立山まつり」より配信いたします。
    ライブ配信は下記のスケジュールに沿って30日のみ実施いたします。

    ライブ配信終了後、一部のプログラムはアーカイブ映像でもお楽しみいただけます。

    ■配信スケジュール        

    ※各プログラムの詳細内容についてはページ下部をご覧ください

    1月30日(土)
    11:30〜12:30 【LIVE配信】奈良文化から見た儀式のいろは(1/30 限定)
    13:00〜14:30 【LIVE配信】四天王はどこに住み どんな神々なのか(1/30・31 限定)
    14:45〜15:00 【映像配信】御斎会の再現(アーカイブ配信あり)
    15:00〜16:30 【LIVE配信】うましうるわし奈良語り(アーカイブ配信あり)

    2月1日(月)
    13:00〜   【映像配信】聖徳太子没後1400年記念講演 古代日本と国際交流(2/1〜8 限定)



    ※実際の配信開始時間はタイムラグ等の状況により、数分遅れる場合がございますのでご了承ください。
    ※インターネット回線の状況やサーバー負荷、その他視聴者のPC環境により、映像が途切れる、または停止するなど正常に視聴できない事があります。
    ※YouTubeの配信画面等に現れる企業広告は、大立山まつりとは一切関係ございません。
    ※LIVE配信している映像の著作権は「大立山まつり実行委員会」に帰属します。なお、LIVE配信画面及び内容を同実行委員会の許可なく他のウェブサイトや著作物等に転載しないでください。
    また、著作権法で許された範囲を超えての複製しないでください。また、著作権法で許された範囲内で複製する場合でも、その複製物を目的外に利用したり、内容を改変したりしないでください。
  • 吉川八幡神社 宮司特別講座
    〈奈良文化から見た儀式のいろは〉

     

     

    奈良時代は最新の律令制と儀式作法を採り入れ進化を遂げ、仏教の発展により天平文化として輝かしく花開いた時代。奈良時代から現代に受け継がれる奈良装束や儀式作法や神饌までわかりやすく解説します。

    講師:吉川八幡神社 宮司 久次米 もとみ 師

    平安時代から続く吉川八幡神社の第六十九代目 宮司。
    源頼仲が吉川城築城に際して神社を創建。源氏の騎馬隊が合戦に出る前に決起の祈祷をしていた神社とされ、令和元年に御神馬 いづめ が着任。吉田神道の歴史や御神楽を残す神社。

  • 四天王シンポジウム
    〈「四天王はどこに住み どんな神々なのか」〉

    ◆大立山まつりの象徴である四天王像

    四天王信仰は、飛鳥時代に始まり、奈良時代には鎮護国家の祈りが捧げられました。今日奈良の寺院には、歴史的な傑作である四天王像が多く鎮座されています。新型コロナ禍における現代、大立山まつりのオープニングとして、四天王信仰の由来や、尊像の造形美に注力した講演・映像上映により、奈良の歴史文化を学ぶとともに、疫病退散を願う場といたします。

     

    【プログラム①】四天王への熱き想い-須弥山世界観と四天王信仰-

    【プログラム①】基調講演
    「四天王への熱き想い-須弥山世界観と四天王信仰-」
    講師:東大寺 森本 公誠 長老

    【プログラム②】天平から鎌倉へ 国宝  四天王立像  勇姿の極み 東大寺~唐招提寺~大安寺~興福寺

    【プログラム②】作品映像鑑賞
    「天平から鎌倉へ 国宝 四天王立像
    勇姿の極み 東大寺~唐招提寺~大安寺~興福寺」
    写真と文:伊藤 みろ(Miro Ito)

    【プログラム③】四天王像にみる忿怒(ふんぬ)の美

    【プログラム③】学術解説
    「四天王像にみる忿怒(ふんぬ)の美」
    講師:龍谷大学 神田 雅章 教授

  • 〈御斎会(ごさいえ・みさいえ)〉

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、撮影はスタジオ内で人数を制限して行います。

     

     

    礼冠・礼服を身につけた福本愛菜(女帝)と、2名の威儀の命婦、合計3名による「御斎会」の再現映像をご覧ください。また、大立山まつり実行委員会会長 海龍王寺住職 石川重元による「声明」も披露され、疫病退散と皆様のご多幸をお祈りいたします。

    ※配信される映像は、スタジオで撮影されたものです。
    写真のイメージとは異なりますのでご注意ください。
  • 奈良のトークショー
    〈うましうるわし奈良語り〉


    奈良出身のタレント南かおりと海龍王寺住職石川重元の名コンビが奈良の魅力を語り尽くすトークショーに、今年はスペシャルゲストとして福本愛菜が参加!

     

    海龍王寺住職
    石川重元

    大和郡山市観光大使
    南かおり

    Special guest! 福本愛菜

大立山まつり2021 関連イベント

  • 聖徳太子没後1400年記念講演
    〈古代日本と国際交流〉

     

     

    聖徳太子の始めた遣隋使などの中国大陸との交流が、日本の国家形成にどんな影響を与えたのか。仏教を切り口に、国家事業としての平城京造営に至る歴史を探ります。

    ◆聖徳太子の遺産 ~遣隋使から遣唐使まで~

    講師:奈良女子大学 准教授
    河上 麻由子先生

    1980(昭和55)年北海道生まれ。2002年北海道大学文学部卒業。08年九州大学大学院人文科学府 博士後期課程単位取得退学。14年より現職。著書に『古代日中関係史-倭の五王から遣唐使以降まで』『古代アジア世界の対外交渉と仏教』。