【大立山まつり2020】奈良 ちとせ祝ぐ寿ぐまつり

作る・学ぶ|奈良の歴史・文化体験

もっともっと奈良県のことを知りたいあなたへ!
今回は、市町村による地域の特産品を使ったワークショップや県内市町村(一部)の観光PRブースも出展。

奈良県MAP 

奈良県MAPで色分けされたそれぞれの市町村のあったかもんや特産品の販売、まつりや伝統行事が披露されます。

  • 〈立山の展示〉

    立山とは、人形(ひとがた)などの「造りもの」を身代わりとし、降りかかる厄を落とす江戸時代から伝わるという風習のことで、今でも奈良県内の数箇所で見ることができます。本会場にも創意工夫を凝らした立山が登場します。

    広陵町大垣内地区

    御所市東名柄地区

    橿原市八木地区

  • 〈大立山の展示〉

    会場を見守る四天王像。朱雀門をバックに大迫力な大立山をご覧下さい。夕刻よりライトアップされます。

  • 〈若草山焼き〉

    1月25日(土)は若草山焼き開催予定。朱雀門ひろばは、山焼きを遠景で眺めるのに絶好のスポットです。


    ※長時間露光による撮影

  • 〈南都の寺のお坊さん講話〉当日受付

    奈良のお寺のお坊さんたちによる講話です。
    お寺のことや歴史のこと、様々な行事のことについて、お坊さんのお話を聞いてから社寺を訪れてみませんか。

    【場所】平城宮いざない館 多目的室
    【日時】1月25日(土)・26日(日)
    【定員】各回100名程度
    【参加費】1プログラム/500円

    1/25(土)

    【11:30〜12:50】
    西大寺・笹尾正憲師
    『古代最後の女帝称徳天皇の夢の~跡~』

    【13:00〜14:20】
    東大寺・平岡慎紹師
    『東大寺における福祉医療の実践~継承される光明皇后の精神』

    1/26(日)

    【11:30〜12:50】
    大安寺・河野裕韶師
    『弘法大師空海と奈良』

    【13:00~14:20】
    元興寺・辻村泰道師
    『元興寺の歴史について』

    【14:30~15:50】
    興福寺・南俊慶師
    『興福寺と藤原不比等のゆかりについて』

  • 〈なかたに ゆか 日本書紀と奈良の昔話の紙芝居〉

    当日受付

    奈良市在住の紙芝居作家により日本書紀編纂1300年を記念して特製紙芝居を作成・実演します。小さなお子様から大人まで日本神話を気軽にお楽しみください。
    平城宮跡のすぐ近くの尼ヶ辻を舞台にした愉快な奈良の昔話も実演します。

    【場所】天平うまし館 西側交流スペース
    【日時】1月25日(土)①12:00〜12:30 ②14:00〜14:30 ③16:00〜16:30
    【参加費】無料

  • 〈大小田さくら子 万葉集・古事記朗誦の会〉

    当日受付

    古事記やまとかたり朗誦家大小田さくら子により、古事記に加え新元号「令和」に因んだ万葉集の朗誦会を開催。朗誦のための発声法を行い、声に出して詠むことで口承文芸としての古典の世界を深く体感してください!

    【場所】平城宮いざない館 多目的室
    【日時】1月25日(土)16:20〜17:20
    【参加費】無料
    【定員】100名程度

  • 〈海獣葡萄鏡&富本銭・和同開珎つくり〉当日受付

    【場所】平城宮いざない館 廊下
    【日時】
    1月25日(土)・26日(日)各日/全5回
    ①10:00〜 ②11:30〜 ③13:00〜 ④14:30〜 ⑤16:00〜
    【受付】当日受付 ※混雑時は整理券を配布
    【問合せ】飛鳥管理センター TEL:0744-54-2441

    海獣葡萄鏡

    ◆ミニ海獣葡萄鏡つくり
    高松塚古墳から出土した直径約16.8cmの海獣葡萄鏡の1/3レプリカを作成(直径約5.5cm)
    【参加費】1回/600円
    【定員】1回:5名

    富本銭と和同開珎

    ◆富本銭と和同開珎つくり
    日本最古の鋳造銭である富本銭と和同開珎のレプリカ作成
    【参加費】1回/1,000円
    【定員】1回:3名

  • 〈南かおり・石川重元トークショー『知れば知るほど好きになる奈良』〉

    当日受付

    奈良出身のタレント南かおりと海龍王寺住職であり大立山まつりの実行委員会会長を務める石川重元が奈良の魅力を語りつくします。様々な観点からの奈良を知っていただくことでより深い奈良をお楽しみいただけます。

    【場所】平城宮いざない館 多目的室
    【日時】1月25日(土)15:00〜16:00
    【参加費】無料
    【定員】100名程度

  • 〈遣唐使船の絵付け体験〉

    当日受付

    【プログラム内容】
    好きな色を塗って、自分だけのオリジナル遣唐使船を作っちゃおう!

    【場所】平城宮いざない館 廊下
    【日時】
    1月25日(土)10:00〜18:00(最終受付)
    1月26日(日)10:00〜17:00(最終受付)
    【受付】当日受付
    【参加費】1回/900円
    【定員】1日:50名
    ※実施中随時受付
    ※体験時間は絵付けからドライヤーで乾かすまで1時間程度

  • 〈絵画で観る古都奈良の伝統ある祭り〉

    歴史ある古都奈良の地で、時を経て伝承された祭り、また新たに生み出されてきた祭りや行事を描く画家、川瀬忠氏の作品約30点を展示して、その成立ちや魅力を紹介します。

    【場所】平城宮いざない館 企画展示室
    【会期】2019年12月7日(土)~2020年2月24日(月・祝)
    【観覧】無料
    【問合せ】平城宮跡管理センター TEL:0742-36-8780

  • 〈礼服・礼冠の展示〉

    前回の大立山まつりで再現した称徳天皇の礼服と礼冠を展示します。礼服には天皇の服としての象徴である「日」「月」「北斗七星」を装飾。

    【場所】平城宮いざない館 廊下
    【日時】
    1月25日(土)10:00〜19:00
    1月26日(日)10:00〜18:00
    【観覧】無料

  • 〈こども縁日〉

    今年は縁起物コーナーが新たに出没!巨大だるま落としや巨大だるまの目入れゲームもやってきます。鬼退治ゲームの景品には節分の豆をご用意!ご家族でお楽しみください。

    【場所】朱雀大路 中央南側
    【参加費】コーナー内にある、券売所にて縁日チケットをご購入ください。どれでも1回200円
    ※イベント期間中随時参加OK
    ※一部雨天中止

  • 〈奈良のご当地キャラ&スポーツクラブも大集合!〉

    県内市町村のご当地キャラが大集合!もちろん、奈良県のマスコットキャラクターせんとくんも登場!さらに、奈良県をホームタウンとするスポーツクラブ「奈良クラブ」や「バンビシャス奈良」のチームキャラクターのシカッチェもおまつりに参加!

  • 〈靴下素材のオリジナルグッズ〉

    奈良県は靴下生産量が日本一!昨年大好評だった「靴下素材のペットボトルカバー(全3色)とアイスコーヒーのくつした(全6色)」を販売します。

    【場所】朱雀大路 総合案内所
    【日時】
    1月25日(土)11:00〜19:00
    1月26日(日)11:00〜18:00
    【価格】800円 ※在庫限り

  • 〈エンターテイメントツアーライド〉

    奈良時代の歴史を元に物語を繰り広げるエンターテイメントツアーライドです。テーマパークのアトラクションのように物語も交えながら楽しく歴史を感じることができます。

    【受付】平城宮いざない館 周辺
    【日時】
    1月25日(土)10:00〜19:00
    1月26日(日)10:00〜18:00
    【価格】20分:3,000円、40分:5,000円、お子様コース:500円/人
    ※朱雀門周辺を少し回って写真を撮るコース
    【協力】心家
    【問合せ】平城宮跡管理センター TEL:0742-36-8780

市町村ワークショップ(一部有料)

  • 山添村

    〈神野山木工館〉

    木工体験

    山添村は大和茶の産地。お茶の木は磨けば磨くほど手触りが良くなる木です。磨きながら手触りの変化をお楽しみください。小さなお子様から体験していただけます。
    ※ほこりに弱い方はマスクをご持参下さい
    ※木ぼこりで少し服が汚れる可能性があります

  • 吉野町

    〈吉野ビジターズビューロー〉

    マイ箸作り

    木目の細かい吉野杉を使って、自分だけのお箸を作って頂きます。初心者にも使いやすい小型のカンナで、お好みの形に削りましょう。仕上げには、焼きペンで絵柄入れも体験できます。

  • 大和郡山市

    〈大和郡山市観光協会〉

    缶バッチ製作体験

    金魚の変わり種水槽の展示や、箱本館「紺屋」で製作された藍染雑貨の出張販売、オリジナル缶バッチの製作体験イベントの実施や「第37代女王卑弥呼」の登場などなど、大和郡山市の魅力満載のブースです。

地場産業紹介・販売ブース

  • 宇陀市

    〈宇陀毛皮革〉

    奈良時代前半の長屋王邸跡から出土した木簡に「豹皮」と書かれたものがあるそうです。毛皮革は宇陀市が誇る伝統地場産業。長年磨いた技術に裏打ちされた製品をご覧ください。

  • 御所市

    〈御所サンダル〉

    御所市は日本有数のサンダル・履物の産地です。ビニール製など手入れがしやすく履いていて楽ちん便利。サンダルの魅力をお伝えします。