ちとせ祝ぐ寿ぐまつり

大立山まつり2019 ちとせ祝ぐ寿ぐまつり 2019/1/26(土)、27(日) 平城宮跡歴史公園 朱雀門ひろば


ほぐほぐコラム

御斎会(ごさいえ、みさいえ)

今回の「ちとせ祝ぐ寿ぐまつり」では、伝統行事や祭りを披露していた舞台が大極殿院及び朝堂院から朱雀門ひろばへと変わります。
そして平城宮跡大極殿でも行われていた「御斎会」という宮中行事の紹介と、そうした場で天皇が着用した礼服を復元し、お披露目します。

御斎会を知る

御斎会を知る

奈良時代後半から南北朝時代頃(あるいは中世)まで続いた「御斎会(ごさいえ、みさいえ)」は、称徳天皇の時代に始められたとされ、奈良時代や平安時代には大極殿で行われる儀式でした(実際には別の場所で行った例もある)。期間は正月8日から14日まで。「金光明最勝王経」の講読と吉祥悔過を行い、国家安寧と五穀豊穣を願いました。その間、高御座には盧舎那仏三尊と金光明最勝王経、四天王が安置され、平安時代の史料には、大極殿は「講堂」と、回廊は「僧房」とみえます。政治の中心から期間限定の寺へと変わっていたのですね。現在の平城宮跡では仏事は行いませんが、「御斎会」を知り、「御斎会」が行われた頃の雰囲気を皆さんと楽しみたいと考えています。

礼服と礼冠の再現

今回、御斎会が始まった時代の天皇・称徳天皇の礼服礼冠の再現に取り組んでいます。
礼服・礼冠は皇族や位の高い貴族が正月の朝賀などの宮廷行事で着用した正装。とは言え、奈良時代の天皇・皇后の礼服については細かな記述がなく、当事の史料も僅か。そこで後世の文献に高貴な服色が白だったとあることを基とし、作製する衣装は白色を選びました。祭り両日は、着用した女帝役が会場に登場する時間帯も予定しています。

復元衣装を見る

今回新たな一歩を踏み出すことになった「ちとせ祝ぐ寿ぐまつり」では、天皇の礼服を復元しました。文献を基に細部にも気を配った特別な一着をご覧いただきます。

朱雀門ひろばで開催

平城宮跡の南方に位置する朱雀門。朱雀門前の空間は、奈良時代の人々にとっての祝祭の場でした。外国使節の送迎や、大勢の人たちが集う歌垣などが行われ、新年には天皇が門まで出向き、新年を祝うことも。そして復原整備により2018年にひろば空間が復活、2019年「ちとせ祝ぐ寿ぐまつり」の会場となります。奈良時代と今をつなぐ新たなにぎわいの拠点での新たな祝祭。朱雀大路を挟んで東側にある平城宮いざない館、西側にある天平みはらし館・天平つどい館・天平みつき館・天平うまし館でも各種催しを予定しています。

会場は遣唐使船のある歴史公園

会場は遣唐使船のある歴史公園

奈良時代を体感できる新スポット・平城宮跡歴史公園朱雀門ひろばが今回の祭りの舞台です。平城宮いざない館では奈良時代の衣食住の贅沢な体験+凧作りや遣唐使船彩色などこどもが参加できる手作りコーナー、天平うまし館では少人数制で濃度の高いワークショップ、天平みはらし館ではVRシアターを利用して知的好奇心を満たす講話を行う予定です。天平みつき館や天平つどい館でも奈良の魅力を伝える企画が進行中です。